アウトドア キャンプ

男のロマン溢れるチタン製LEDミニマムライト、「joyvack DAUMEN」を徹底レビューしました!

JOYVACK ライト

Hamu

皆さんはキャンプで使うライトやランタンはいくつくらいお持ちでしょうか?

 

今回は親指サイズと超小型なのに30m先も照らす130ルーメンの明るさ、更に軍事船にも使われる高強度のチタン製でできているなんとも男心をくすぐる防水ミニマムライト、「joyvack DAUMEN(ダウメン)」をご紹介します。

良いところも悪いと感じたことも包み隠さずレビューしますので、ぜひご参考にしてください。

 

こんな方におすすめ

  • まさにDAUMEN(ダウメン)のレビュー記事を探していた。
  • 明るい小型ライトを探している。
  • 皆が持っていないライトがほしい

JOYVACK公式サイトはコチラから

 

DAUMEN(防水アウトドアライト)【詳細・スペック】

joyvack ライト
<名称> DAUMEN(防水アウトドアライト)
<サイズ> 48mm×13mm
<重さ> 17g
<充電時間> 満充電まで約1時間
<輝度> 130ルーメン
<素材> チタンメタル
<付属品> キーリング、充電ケーブル、専用ケース
<防水> IPX8
<最大点灯時間> 6時間
<価格> ¥8980

JOYVACK DAUMEN手に取ってみて、使用してみての感想

JOYVACK ライト

サイズ感

Hamu
箱を開けた瞬間、「えっ?こんなにちいさいの?!」とびっくりするほど小さいです。

 

公式サイトや他のレビュー記事の写真をみてサイズはなんとなくわかっているつもりでしたが、思った以上に小さかったです。

とは言っても個人的には良い意味で小さかったって感じです。

重さは17gなのでまったく気になりません。

逆にこんなに小さいのに充電式で、すごい明るくてバッテリー寿命も10000時間ってすごくないですか?

 

バッテリー寿命の10,000時間って毎日1時間使っても27年使える計算らしいです。

毎日1時間なんか絶対使わないのでほぼ一生ものですね。

明るさや最大点灯時間について

joyvackライト本体がLED部とバッテリー部の2点で構成されていて、2つの部品をネジのようにくるくる回すことで点けたり消したりすることができます。

明るさは2段階です。

130ルーメンがどれくらいと説明しづらいですが、めちゃくちゃ明るいです!

 

Hamu
この小ささでどこにそんなパワーが??と思うほどです。

joyvackライト

 

最大点灯時間が6時間とありますが、明るさを強にして実際に6時間点灯してみました。

 

結果的に6時間消えることなく点いていました。

すごいですね。

 

ただ残念なことに明るさがどんどん落ちていくタイプのものなので、1時間過ぎてくるとすごい暗くなってきます。

 

Hamu
私が持っているベアボーンズのライトが最大の明るさのままいきなり切れるタイプなので、どっちがいいかはわかりませんが6時間同じ明るさではありませんでした。

 

 

個人的に感じたメリット

<コンパクトなのに明るい!

joyvackライト

 

Hamu
しつこいようですがとにかくコンパクトです!

それでいてとても明るいので、いざって時に持っておけば心強いです。

 

小さくて軽いので

・キーケースに入れてもよし

・バックにぶらさげてもよし

・ズボンにつけてもよし

JOYVACKライト

どこにつけても邪魔になりません。

・防水で丈夫なのがうれしい

JOYVACK ライト

 

Hamu
ライトや特にランタンなんかは落としたらすぐ壊れてしまうような仕様が多いですよね?

DAUMENはチタン製なのでとにかく丈夫です。

 

ポイント

チタンは他の金属よりも強度が強く、鉄の2倍、アルミの3倍といわれています。

また他の金属より錆びにくいのも特長です。

JOYVACKライト

 

また公式サイトの説明では耐衝撃性1.5mと書かれており、高さ1.5mから落としても壊れないそうです。

IPX8防水なので水の中に落としてしまっても壊れることはありません。

防水保護等級最高のIPX8は一定の水深に一定時間沈めていても内部に浸水せず、また同時間内に水中で操作することができる程度の性能です。

Hamu
実際に点灯させたまま水の中に入れてみましたが、全然大丈夫でした!

 

 

保証が最大1年ついてくる

JOYVACKライト

Hamu
通常は30日の保証期間ですが、公式LINEに登録すると1年の保証をつけることができます。

 

JOYVACK公式サイトはコチラから

・個人的に感じたデメリット

・値段が高い

やはり8980円は少し高く感じてしまいます。

 

Hamu
チタンは加工が大変だし、すごくいいものというのはわかっているのですが…。

・コンパクトすぎてなくしそう

 

JOYVACKライト

 

すごく小さくてコンパクトなのは最大のメリットでもありますが逆に落としたら見つけるのが大変そうです。

特に使用シーンがアウトドアが多めになるでしょうから、森で落としたらおそらく見つけることは不可能でしょう…。

 

Hamu
特に点灯していないときはスイッチをやや緩めている状態なので注意が必要だと感じました。

後は充電中もパーツが分かれている状態なので要注意です

まとめ

JOYVACK ライト

Hamu
JOYVACKの超小型防水ライトは男心くすぐるチタン製のいかしたライトでした!

 

メインのライトにするには心もとないですが、サブに持っておく分には十分すぎる性能です!

 

人とは少し違う、おしゃれなライトをお探しでしたらぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

JOYVACK公式サイトはコチラから

 

 

 

-アウトドア, キャンプ